2015年、日本の和食がユネスコの無形文化遺産に認定され、米食の激戦区であるアジア市場でも日本米の需要は徐々に伸びてきています。
この10月19日(金)~21日(日)11:00~21:00、アジアのハブ都市国家である、当地にて日本のお米のPRと、生産地域の活性化をテーマにしたイベント「DIYどんぶりレボリューション」を農水省後援の元、シンガポール中心部のショッピングセンター「マリーナスクェア」において開催する運びとなりました。


「マリーナスクェア」は地下鉄から直結し、国際会議場や有名ホテルからも近く、現地でも随意一の集客スポット。
主催の和テンション株式会社は日本の情報を世界に発信するフリーペーパー「WAttention」(世界11ヶ国200万部)を発行するなど、日本におけるインバウンド、海外輸出の活性化に貢献する会社。和テンションでは、農水省認定の日本産米輸出重点国でもあり、10年連続で日本産米の輸入が増加しているシンガポールでの販売促進事業を本格的に貢献することを目指して、海外での日本産米プロモーション事業に実施して参ります。その第1弾が今回の「DIYどんぶりレボリューション」です。

┃「ふっくらもちもち」した日本産米の人気を高めたい

今回の「DIYどんぶりレボリューション」には、米食激戦区のアジアで日本産米の本当の美味しさを知ってもらい、その人気をもっと高めたいという思いが込められています。20〜30年前、日本米の評判は「sticky(ベタベタして)で美味しくない」と、必ずしも良いものではありませんでした。

アジア各地では、スパイシーで脂分の多い現地料理とともに食べる“インディカ米(細長くで日本米よりも水分が少なく、さらさらしている)”が主流であり、食べ慣れた米です。

ところがアジアの経済活性化や、日本への旅行者の増加とともに本物の和食を体験するチャンスも増えたことで、日本産米の良さや美味しさが以前よりも世界に知れ渡るようになってきました。「寿司」「おにぎり」「和定食」といったご飯の美味しさそのものを味わう和食のスタイルがようやく浸透してきたのです。

「寿司」「おにぎり」、そして今回紹介する「どんぶり」で、日本米の美味しい食べ方を知ってもらい、さらに人気を高めたいというのが今回の「どんぶりレボリューション」開催の趣旨になります。

┃日本産米とその産地の魅力を提供する楽しいイベントに

日本米なかでも、日本で生産された「日本産米」は、平均的に現地産の日本米よりも、食感、香りなどはダントツ良いと評判です。しかし、価格の面ではオーストラリアやベトナムなどの外国産日本米の3倍となっており、少し手が届かないというイメージがあるようです。

今回の「DIYどんぶりレボリューション」では、そうしたイメージを払拭し、より身近に楽しんで日本産米を体験してもらうために、家族で楽しめるエンターテイメント性を重視した企画内容となっています。

お客様はどんぶり1杯のご飯(2シンガポールドル)を購入し、和牛、天ぷら、うなぎ、カレー、など、好きなトッピングを購入し、DIY(Do it yourself)にて、自分だけのオリジナルどんぶりを作るという趣向です。また、家族で楽しめるイベントプロブラムも用意されています。

現在、海外では米どころで知られる新潟県や秋田県以外にも、北海道、群馬県、熊本県、兵庫県などの日本産米も売り上げを伸ばしてきています。今後は日本産米がコンテンツとなり訪日外国人旅行客誘致につながるよう、さらなる展開を目指します。米と一緒に米の産地の地域イメージを売り込むことで、美味しい日本産米が“現地に行って、本物を食べてみたい”という動機付けに導くことになるのです。こうした流れが日本国内各地への訪日旅行者誘致につながります。

┃イベント概要

好きな具材をトッピングし、オリジナル丼ぶりをつくる!をコンセプトに開催される同イベント。公式サイトから事前登録をすると、炊きたてのお米が入った丼ぶり($2)が無料でもらえます。
トッピング食材は、新鮮な海鮮類、牛丼の具、てんぷら、ふりかけ、カレーなどを用意。現地の日本食レストランがブースを設けて参加するので、各店舗押しの日本のどんぶりを再現することも、シンガポールテイストを満載したマイどんぶりの再現も可能。おいしい日本米とお好みの具材でつくるマイどんぶりの味は格別ですよね!

さらに「日本米にはこんなに種類があるとは知らなかった!」「いつも食べているのとは違うお米も試してみたい」「家でもこの味を再現したい」という来場者には、気に入ったお米や食材等が購入できるような場も設けるように調整中です。

ご家族連れ、仲間同士、ワイワイ楽しみながら、美味しく、フォトジェニックなオリジナルどんぶりやオリジナル弁当作りの一方、ステージでは日本の伝統舞踊や子どもたちによるパフォーマンスが繰り広げられ、会場の雰囲気を盛り上げます!来場者が参加する「おにぎり教室」やクッキングワークショップコーナーもあり、家族連れやお友達同士など気軽に訪れた来場者が、たっぷり一日中楽しむことが出来ます。

会場内には、当日使用している日本産米のパネル、食×観光ブースも設け、日本国内の情報も多く発信していく予定です。ぜひ奮ってご参加ください!


開催日時:

10月19日(金)~21日(日)11:00~21:00

開催場所:

マリーナスクエア セントラルアクアリウム

公式サイト:

http://ricerevolution.com.sg/

参加店舗一覧:

スタミナ丼(Teppei group)

うな玉丼(Teppei group)

牛丼(Sushiro Singapore)

カレー温玉(KokonoE Kitchen Stage)

天丼(銀座いつき)

ローストビーフ丼(しまだ製麺食堂×Snaffles)

カテゴリー: プレスリリース