国内外の外国人観光客向けに世界11カ国(シンガポール、東京、台湾、タイ、香港、マレーシア、インドネシア、アメリカ、フランス、インド、メキシコ)で「WAttention」を発行するWaon pte ltd(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 康子)が、シンガポール随一のショッピングモール「マリーナスクエア」にて2018年10月19日(金)~21日(日)の3日間、DIYどんぶりをコンセプトにした、日本産米PRイベント「どんぶりレボリューション」を実施した。

来館者数:
13万人(会場発表数)

イベント参加者:
1万5千人(3日間累計)

配給丼数:
8000杯(3日間累計)

米の消費量:
1トン(3日間累計)

来場者国籍比率:
シンガポール人70%(マレー系含む)、外国人観光客25%、日本人(在住者5%)

会場:
マリーナスクエア 2階 セントラル・アトリウム
シンガポール中心部のショッピングセンター「マリーナスクエア」。地下鉄から直結し、国際会議場や有名ホテルに隣接。
現地でも随意一の集客スポットとして知られている

プレスリリースはこちらからどうぞ。

関連記事